トップページ >  > 女性の生え際の薄毛とは

女性の生え際の薄毛とは



女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症と呼ばれれ、頭頂部を中心に全体的に薄くなるタイプです。しかし、男性ホルモンなどの影響で女性でも生え際が薄くなることがあります。ここでは女性の生え際の薄毛について紹介します。

男性の薄毛対策にプロペシアと呼ばれる薄毛治療薬があります。プロペシアには、男性ホルモンから生成されるDHTと呼ばれる活性型男性ホルモンを抑制する作用があり、薄毛の進行を抑える効果があります。

女性はプロペシアを使用することができません。プロペシアは妊婦さんが使用すると子供の生殖器官に影響を与えるため禁止されています。その他の女性に使用してもプロペシアは目立った効果を発揮していません。

生え際の薄毛の原因



●ホルモンバランスの乱れ
生え際の薄毛に関係しているのはホルモンバランスです。女性にも男性ホルモンは存在しますが、非常に少ないと言われています。ただ、加齢やストレスなどにより女性ホルモンが減少することで薄毛が発生することがあり、FAGA(女性男性型脱毛症)といいます。

●血行不良
ストレスや食事、運動不足などにより血流が低下すると毛髪に必要な栄養や酸素が不足します。また、生え際は他の部分に比べると血管自体が少なく細いため、血流を改善することは非常に重要です。

女性の生え際の薄毛対策



・育毛剤
薄毛対策でまず使用したいのが育毛剤です。育毛剤には血流改善作用のあるセンブリやニンジンなどの生薬、ビタミンE誘導体などの有効成分が配合されています。加えて、細胞活性化作用のあるミツイシコンブエキス(M-034)、頭皮環境を整えるグリチルリチン酸2kなどの植物エキスも含まれています。

ただ、育毛剤は6ヶ月程度は使用しないと変化がわかりません。ヘアサイクルなどの影響もあるため、継続する必要があります。最近の女性育毛剤には返金保証がついているタイプも販売されています。

・サプリメント
育毛剤と共にサプリメントを併用することもおすすめです。サプリメントには薄毛対策に欠かせない栄養を内側から補給することができます。おすすめの栄養素にはタンパク質合成作用のある亜鉛、代謝を促進するマルチビタミン、ホルモンバランスに働きかけるイソフラボン、毛髪の原料となるアミノ酸などがあります。

女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症と呼ばれれ、頭頂部を中心に全体的に薄くなるタイプです。しかし、男...